無料パチスロゲームTOP ≫  パチスロ用語集 ≫  パチスロ用語集

パチスロ用語集

オンラインパチスロでも使えるパチスロ用語を集めてみました。

「目押し」
リールを止めたい図柄を狙って止めること。ボーナス確定時に必須の技術です。ホールでは店員さんを呼ぶとやってくれます。

「ビタ押し」
目押し以上の正確さが必要な、特定図柄を狙ってリールを止めること。目押しと違い少しのズレも許されません。

「リール」
パチスロ台の7やチェリーが書かれていて、回転する部分のことで、液晶表示式とドラム式があります。

「設定」
パチスロ台の大当り確率の基準。1〜7まであり、数字が高い程大当り確率が高くなります。基本的に設定6までで、設定7がある機種は稀です。

「ストック」
STと略されます。確定したボーナスを貯めておき、特定条件を満たすとボーナスが発動します。これにより溜まっているボーナスの数だけ擬似的な連チャンが起こります。スーパーブラックジャックが代表的なストック機です。

「短チェリー」
短チェともいいます。リール左の中央にチェリーが止まることを指します。

「沖スロ」
沖縄県向けに開発されたパチスロで、通常のコインよりやや大きなコインを使います。シオサイシリーズがこれにあたります。

「オヤジ打ち」
適当にストップボタンを押すことで、目押しやビタ押しをしないので取りこぼしの原因になります。

「取りこぼし」
小役をとれるのに、目押しができないために取れない事。獣王等は目押し、ビタ押しができないと取りこぼしが多く発生し出玉に影響します。
スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 無料パチスロゲーム. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。